「ドブル」遊び方紹介。今「カードゲーム」「アナログゲーム」が熱い⑥

「ドブル」遊び方紹介。今「カードゲーム」「アナログゲーム」が熱い⑥

おじさん保育士は本日も張り切ってまいります!
おじさん保育士も2019年から新たなステージに立ち、よりゲームの魅力を感じている所です。今日も楽しいゲームを皆さんと共有するためにゲーム紹介していますますね!
おじさん保育士が「カードゲーム」「アナログゲーム」が熱いと思っている理由はこちらに書いてますのでよかったら見て見てください!

「おばけキャッチ」遊び方紹介。今「カードゲーム」「アナログゲーム」が熱い

ドブル

今回紹介させていただくのは「ドブル」です、
不思議で面白くて、スピード感あふれるゲームです。
中には缶と同じ丸いカードが55枚入っていて、各カードには8種類のマークが描かれています。
なんとこのマーク、カードが1対1の関係の時に同じマークが1つだけあるようにできているのです!

例えばこんな風に!

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、
下の4枚のカードにも1対1の関係では同じマークが一つしないようにできているのです。
今見えているのは4枚のカードなので、1つのカードに3つ他のカードと同じマークが描かれています。

さて特徴はこれだけです。不思議ですねぇ。
では遊び方です!

遊び方紹介

このゲーム説明書にも5つの遊び方が丁寧に書かれています。
代表的な2つを紹介しますね。

ザ・タワー

このルールは、できるだけたくさんカードを集めた人が勝ちです!

4人プレイの時です。

写真のように人数分のカードを1枚裏面のまま配ります。
残りのカードは山札として中央に表向きに重ねておきます。
これで準備完了です!
せーので自分のカードを表向きにして、山札と自分のカードの同じマークを探していち早くコールします!

コールしたらそのカードをもらいます。

カードをもらったら自分のカードの上に重ねます。
そしてゲットしたカードと、新たに見えた山札から同じマークを探します!

またいち早く見つけた人が上のカードをもらえます。

順番は関係なく、見つけた人からどんどんコールしてカードをゲットしています!コールが同時だったとか、手をかけたタイミングが同時だった場合にはその場でじゃんけんをして決めましょう。(※この時注意したいのは、勢いでカードを取ってしまってからじゃんけんすると、その間次のカードが見えてしまっているので他の人が先に見えてしまいます)

そして山札がなくなるまでこれを繰り返して、最後に1番多くカードを持っていた人が勝ちです!

誰が多かったかなぁ??

アツアツポテト

このルールは、自分の手持ちカードが少なくすんだ人の勝ちです!

2人プレイの時の様子です

全てのカードを裏面にしたまま、山札から一人1枚ずつカードをとります。
せーので自分のカードを表向きにして、他の人のカードと見比べて同じマークを見つけたらそれをコールして相手に擦り付けます!

※複数人いる場合には、誰に擦りつけてもOKです。擦りつけられたカードの1番上のカードと他の人のカードで見比べます。そのため自分のもともとカードは見えなくなり新たに同じマークを探すことになります。

擦りつけが終ったらそのラウンドは終了して、新たに山札からカードを拾います。そして同様のことを繰り返します。

全てのカードがなくなるまで繰り返して、手札の少なく済んだ人の勝利です!

マークについて

50種類以上のマークが描かれています。その1例が説明書には書かれていますが、必ずしも決まった呼び方でコールしないといけないわけではありません。その場の遊んでいる人たちで共有できていればそれぞれの呼び方でコールしても楽しく遊べます。
また、言葉が出てこなくてもまずは指差ししてからコールでも周囲の人には伝わりますよね。皆が楽しく遊べる方法を確認しながら楽しみましょう!

ドブルのおすすめポイント

ルールがシンプルですぐに遊べる

これは僕が紹介するゲームのほとんどがそうですが、特に説明の時間を必要としないゲームだと思います。そのため少人数でも大人数でも(本体には2~8人と書かれている)パッと出してパッと遊べるゲームなのがおすすめです!
初めてゲームやる人とかでも比較的説明が速く食いつきもよいですよ(笑)

大人も本気でやらないと子どもに負ける

こういった類の絵合わせとか間違え探し的なものって子どもが異常に強かったりします。(笑)このゲームももれなくその類です!しかも一人でもコツコツ練習できるので、子どもは強くなるばかりです(;^ω^)
だから大人も子どもも本気で勝負できるのが、このゲームのおすすめポイントですね👍

外出時やアウトドアでも遊びやすい

我が家は頻繁にキャンプなどで出かけます。そんな時にドブルは小さくて持ち運びもしやすく、遊び方がカードをたくさん広げなくても遊べるため場所や気候を気にしないで外でも遊べるのが便利です!
前述した通り、すぐに遊べるルールで幅広い年齢でも遊べるゲームなので重宝してますよ!大人だけでも十分盛り上がっちゃいます(笑)そんなところもおすすめです!

まとめ

ドブルいかがですか?
こちらには「ドブルキッズ」というカードが30枚くらいでマークが全て動物の絵になっているものもあります!
我が家の子供たちは普通のドブルから入っていますが、キッズも面白いです。
マークの呼び方さえ工夫すればどちらでも楽しめますよ。

どの2つのカードにも、必ず1つ同じマークがあります!
ドブルと違うのは枚数が少ないのとマークが全て動物!

このブログがみなさんの「楽しい」のヒントになりますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

おもちゃ・ゲームカテゴリの最新記事