もっとも過酷な仕事とは?親の偉大さはあとから気が付く。

もっとも過酷な仕事とは?親の偉大さはあとから気が付く。

怒った。笑った。そして…泣いた。

こんにちは、おじさん保育士がしみじみ考えてしまったコレを紹介。
皆さんはこの動画を見たことがありますか?
数年前に見たっきり、なかなか見る機会がなくてちょっと思い出して見てみました。

ある企業が行ったネットによる面接映像。
あなたは、この動画を見て何を感じますか?

こんなことを、改めて考える機会はなかったな…と。
「365日、24時間、休みも睡眠も保証されない」
おまけに収入は、
「0円」
え?なんて言ったの?と真顔で聴き返します。
そんなのアリエナイと、みんな怒っています。
そりゃ怒りますよね、休みなく働きっぱなしで給料が出ないボランティアだなんて言われたら。

そんな仕事についている人がいますよ今も。
そう言われ聞き返して出てきた職業名(母親ですと)を聞いてプッと笑い、
色々な想いが溢れて涙に変わります。
もうじーーーーんってしました。

 

本当だ、母親ってこんなに大変な仕事をしていたのか。
お母さんありがとう。
お母さん最高だ!
言葉にならなくなっています。
みんなどこかで感じていたんですね、親の偉大さを。

 

大げさだと、盛りすぎだと感じる人もいるかもしれないけれど、
僕は、「母親」って偉大な存在だなと考えさせられました。
数年前に他界した母親のことを何度も思い出しました。
部活で汚く臭い洗濯物を、毎晩洗って干してくれていました。
どんなに早い時間でも、遅い時間でも食事を用意してくれていました。
田舎で育ちましたらから、バイト帰りなど家への交通手段は母の車での送迎でした。
反抗期の男子3人をしっかりと育ててくれました。
まじですげーっす。

自分が親になって改めて気が付くことも沢山ありました。
あの頃の大変さを自分に置き換えて考えることが出来ました。
本当に感謝しかありません。

この動画では「母親に感謝を」という言葉が最後に送られています。
しかし今の自分の経験からも母親はもちろんですが、子育てに関わる全ての方を尊敬できます。
「あなたはすごい!本当に偉い!みんな1番頑張っている!」…と伝えたい。

育児や保育をしていて褒められることって、なかなか多くないですから。
家族みんなで頑張っている。
携わっている多くの方たちが、子どもと向き合っている。
だからこそ認め合いたいし共有したいことも沢山あります。

子どもは褒められること、沢山あるんですけどね。

今この動画を見て、この文章を読んでくださっているあなたは、
子育て中の方ですか?保育・教育関係の方ですか?

そんな、子どもに向き合っているあなたが、
少しでも楽しく子育てや保育ができるように、
「楽しいこと」「面白いこと」を共有したくてブログ始めました。
どうぞよろしくお願いします。

ちなみに、この動画は何年も前に一度見たことがありました。
その時にも色々感じることはありましたが、今再度見ると違う感想をもちました。
ときどき見直してみるといいのかも知れませんね。
母の日の前とかに(笑)

このブログがみなさんの「楽しい」のヒントになりますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

子育てカテゴリの最新記事