「簡単」「楽しい」油性マジックで染物。

「簡単」「楽しい」油性マジックで染物。

「タイダイ模様」が好き。
「タイダイ染め」を手軽にやってみたい。
そんな方におすすめです。

こんにちは、おじさん保育士がちょっと楽しいを紹介しますね。
「買うと意外と値段がするし、染物って準備が大変なイメージ…」があります。
でも、タイダイ模様の服って子どもが着てたら可愛くないですか?
うちの子どもは父親に似てしまって顔が地味系なので可愛くしてあげたいんです(笑)

そこで今回はそんなタイダイ柄を自分たちで作ってみようということになりまして、
簡単に作れやしないかと考えていましたところ、そうだあの方法がある!
以前知り合いがやっていたあの方法を!

大丈夫。子どもと一緒にできて準備も簡単。
さあ!皆さんもやってみよう!!

準備する物


・市販の油性マジック
・除光液
・染めたい素材(ハンカチ、Tシャツなど)
・除光液を垂らす際にあると便利な受け皿的なもの
+α あると便利なもの
・新聞紙(油性マジックで描くときに下に敷くと汚れない)
・調味料などを入れる容器(ピューってでるやつ)

素材以外は、ほぼ百均で揃います。
写真に写っている、注射みたいなものは
香水なんかをアトマイザイーに移し替えるときに使用するものです。
今回はたまたま家にあったので使ってみることにしました。
「・調味料などを入れる容器(ピューってでるやつ)」と使用方法は一緒です。

作り方

①素材になるものに、とにかく描く!書く!掻く?

油性ペンですので下に移ったりしますので新聞紙や雑誌などなんでもいいので敷くといいですね。
ちなみに娘はビニール袋を下に敷いています。また自分の着ている物に書いてしまうと相当厄介なので、汚れていもいいものを身につけるかエプロンをするか、全てを寛容に受け止めるかしてあげて下さい。

②描けたらその上から除光液をかける。垂らす。染み込ます。


どんな風になるのかわからないので、とにかくやってみることですね。
意外となにも狙わずにやった一番最初が一番良かったりします。(笑)
乾いても乾いてなくてもなのですが、一度染みた所でももう1度除光液をかけると色が薄くなったり変化があります。濃淡がでたり、他の色と混ざって別の色になったりと、色々試すとおもしろいです。

③あとは乾けば完成です!

下の娘が腕を組んでいるのは謎です。すごいドヤ顔してましたけどね。
学校の長期休みの宿題とか自由研究とかでも面白いと思います。
大人がやってお洒落に着こなすなんていうのも見てみたいですね。

ちなみに、数日後洗濯をしみてましたが、色落ちは見られませんでした。
が、油性ペンの質や洗濯洗剤によっては「色落ち」「色移り」の可能性はあるので、
十分に配慮していただけたらと思います。

子どもには汚れても大丈夫な格好と場所を準備してあげると
余計な注意を言わなくてすむし、手軽にできるのでなかなか楽しいです。
自由にできればできるほど、おもしろい作品が生まれると思います。
ぜひ遊んでみてください。

番外編

靴でもできます。
靴の素材によっては上手く描けない物もあるかもしれません。
今回は意外と普通に描くことが出来ました。


意図した模様なんて殆どありません。でもそれが面白いですよね。
欲張って除光液を重ね過ぎた結果、若干茶色がかった輪のようなものが出てしまったのが悔やまれます。
がそれもやってみないと解らないことなので!
雨への耐久性は検証できていませんが、これも楽しかったです。

 

このブログがみなさんの「楽しい」のヒントになりますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

制作活動カテゴリの最新記事